モロッコ

モロッコ王国(Kingdom of Morocco)

日本から、はるか遠い”西の地のはて”北アフリカに位置します。

日本の約1.2倍の国土面積を有し、耕地面積は21%もあります。

人口は約3,400万人、首都はバラト。

民族的にはアラブ人が約7割、ベルベル人が約3割。

イスラム教・スンニ派を国教としております。

(以上の数字は日本外務省のHPから転載させて頂きました)

モロッコといえばタジン鍋やアルガンオイルなどを連想します。

そしてエキゾチック・アラビアンなイスラム文化に

期待がふくらみます。。。。。

 日本からはるか遠い、アフリカの西北に位置するモロッコ
モロッコ


日本からモロッコへの直行便は無いので、

今回はドバイ乗継でモロッコ・カサブランカ・ムハンマド5世国際空港に入りました。


カサブランカをスタートしアトラス山脈を下図の数字順に右周りの周遊でした。
モロッコ周遊



モロッコモロッコモロッコモロッコモロッコ



魅惑のモロッコ周遊10日間・一日目のムービー

東京成田国際空港出発 ⇒ ドバイ国際空港まで移動(乗継)





1-カサブランカ Casablanca

モロッコの商業・金融の中心地であり、モロッコ最大の都市。

紀元前15世紀頃ベルベル人が定住したのがカサブランカの

始まりだといわれてますが、1515年ポルトガル人により

町が再建され、町をCasablancaと名付けました。

ポルトガル語で”白い家”という意味だそうですが、

私の場合、カサブランカといえばユリの女王”白ユリ”か

ハンフリー・ボガート/イングリッド・バーグマン主演の

古い映画”カサブランカ”を連想します。

カサブランカ


モロッコ周遊カサブランカ

カサブランカ






商業・金融都市カサブランカの観光名所は

ここ、ハッサン2世モスク
ハッサン2世モスク





モスク構内と構外合わせて約8万人収容できる巨大なモスクでした
ハッサン2世モスク






高さ200mのミナレット
ハッサン2世モスク ハッサン2世モスク





ハッサン2世モスク





現地スタッフ(3名)と参加者の皆様

TDの森井さんはじめ参加者の皆様、お世話になり

本当にありがとうございました。

この場をお借りし改めて厚くお礼を申し上げます。
ハッサン2世モスク
 





[神の魂は水上に眠る][この世に生まれた生命は皆、水から出てきた]

というクルアン(コーラン)の詩を具現化したような

幻想的なムードに魅せられるモスクでした。
ハッサン2世モスク





魅惑のモロッコ周遊10日間・九日目のムービー

マラケシュ出発 ⇒ カサブランカまで
 





魅惑のモロッコ周遊10日間・十日目のムービー

ドバイ国際空港(乗継) ⇒ 東京成田国際空港・帰国





モロッコのカサブランカといえば、やはり

ハンフリー・ボガード/イングリッド・バーグマン主演

名画:カサブランカを連想します。

下にリンクしました。
この映画は作品中に著作権表示はあるものの
リニュー(著作権更新手続き)が行われなかったので
アメリカでは法律により権利放棄とみなされております。 
日本でも著作権フリー作品になっております。

パート1





パート2



首都ラバトヘ



一方、下の地図の地名をクリックすると、直接そこへ進こともできます。
モロッコ
ラバト シャウエン テトゥアン ヴォルビリス フェズ メクネス イフラン エルフード ワルザザード ワルザザード アイト・ベンハドウ マラケシュ エルフード























































延暦寺 高野山壇上伽藍 壷阪寺 百草園 山梨の絶景 キプロス マルタ