キプロス&マルタ 周遊9日間

キプロス島&マルタ島周遊9日間


(五日目・午後)

マルタ島



マルタ共和国・国旗
マルタ共和国国旗



マルタ島の位置関係
ローマ帝国支配地域



マルタ共和国=本島+ゴゾ島+コミノ島
マルタ島



地中海にあって、イタリアとアフリカ大陸に挟まれ[地中海のヘソ]と

呼ばれているようです(?) 国の正式名称はマルタ共和国。

首都はバレッタ、面積は淡路島の約半分、統計人口約43万人

ただし最近外国からの移住者が急増し2019年7月現在50万人弱(現地ガイド談)

主な産業は製造業と観光業、通貨はユーロ、宗教はローマカトリック

(以上の数字は日本外務省のHPから引用させて頂きました)

電源プラグ:宿泊ホテルはG(BFとも言います)タイプでした。

マルタの長い歴史から[地中海のゆりかご]と

称されます。 しかし幾多の民族の侵略を受けました。

なかでも中世にマルタの町の礎(いしづえ)を築いたのが

十字軍[聖ヨハネ騎士団マルタ騎士団]です。

十字軍については塩野七生著・十字軍物語1巻~3巻から引用しました。



ざっと見る十字軍(クルセイダーズ・Crusaders)です。

なお聖ヨハネ騎士団のヨハネは洗礼者ヨハネのことで

イエスの12使徒使徒ヨハネ(=福音記者ヨハネ)とは別人です。

イエスの最後の晩餐のメンバー(12使徒)一覧です。






マルタ国際空港

キプロスのラルナカ国際空港から約3時間のフライトで

ここマルタ島の空の玄関口マルタ国際空港にやって来ました。


垂直尾翼の[八角十字=マルタ騎士団十字紋章]の鮮やかなマルタ航空機が駐機しております。
マルタ国際空港



マルタ国際空港には午後2時頃到着しました。

各自スーツケースをバスまで運び、さっそくマルタ・スリー・シティーズ観光です
マルタ国際空港






スリーシティーズ


聖ヨハネ騎士団は聖都エルサレム撤退後ロードス⇒キプロス⇒マルタへと

本拠地を移しました。神聖ローマ帝国皇帝カール5世の許可のもと、

マルタのビルグ[現ヴィットリオーザ]、ボルミア[現コスピークワ]とイスラ[現セングレア]

の三つの地区(つまりスリー・シティーズ)を要塞として建設しました。

街全体の建物が蜂蜜色のマルタ岩で統一されているため

街の表通りは勿論、路地裏までもが美しく調和しておりました。



スリーシティーズ



スリーシティーズ





ヴィットリオーザ

大きな城門Advanced Gateから通じる

町の中心がビクトリ広場。広場から大通りをまっすぐ進めば

聖アンジェロ砦へと続きます。町の通りは階段道路が続きました。

また十字軍騎士団のオーベルジュ(宿舎)がいくつも軒を並べておりました。



砦第一の門
ヴィットリオーザ



砦第二の門
ヴィットリオーザ



砦第三の門
ヴィットリオーザ






聖ヨハネ騎士団がマルタに入った当初、ヴィットリオーザの街は

ビルグという漁村でした。騎士団はオスマン帝国との戦いに備え

村の砦を要塞化し騎士団の住居にしました。これが聖アンジェロ砦です。


オスマン帝国との戦に勝利した記念に今までのビルクからヴィットリオーザ

(勝利の街)に改名したとの事です。
ヴィットリオーザ ヴィットリオーザ





街全体がマルタ・スートンのハニー色に統一された美しい街並み

特に、人影の少ない路地裏にロマンチクを感じます。素晴らしい!
ヴィットリオーザ ヴィットリオーザ





青や赤などの木製出窓が素敵なヴィットリーオーザの路地

絵になります。人影が少ないのが気になりますが、当日は気温42度も

あったので、住人は出歩かず、家の中で涼んでいるのかな?
ヴィットリオーザ ヴィットリオーザ





この辺一帯は十字軍のオーベルジュ(宿舎)だった所です。
ヴィットリオーザ ヴィットリオーザ





オスマン帝国に勝利して整備されたヴィットリオーザ中心地のビクトリア広場
ヴィットリオーザ





聖ローレンス教会

17世紀末にバロック様式に立て替えられた豪華な教会でした。
聖ローレンス教会





主祭壇の天井画はマティア・プレッティの最大級の作品が描かれております。


この教会は聖ヨハネ騎士団の心のよりどころだったとのこと。
聖ローレンス教会





ヴィットリオーザの先端に位置する聖アンジェロの砦

オスマン帝国からの侵略に備えた完璧の要塞です

バレッタのアッパーバラ・ガーデンから撮ったものです。
聖アンジェロ砦 聖アンジェロ砦




聖アンジェロ砦

聖アンジェロ砦





ヴィットリオーザへの坂を上る途中から眺めるビルグ・マリーナ。絶景です!
ビルク・マリーナ



対岸からのヴィットリオーザ絶景

写真の上でクリックすれば大きい写真になります

ヴィットリオーザ








セングレア

セングレア(旧名L-ISLAリスラ)は静かな住宅街が坂道に広がってます。

刈り込まれた木々が美しい公園の端には、海に突き出た監視塔があります。

対岸のバレッタとヴィットリオーザの威容を望むことができました。




セングレアへの入り口:聖ローレンス門
聖ローレンス門





静かな住宅街に坂道、階段が広がってます
人影は見つかりません。
セングレア セングレア





セングレア





ハーバーには無数のヨットが停泊しております。凄すぎ!
セングレア セングレア





セングレアの突端では監視塔ヴェディテが睨みを利かせております
セングレア








コスピークワ

ヴィットリオーザ半島の根元、セングレア半島の根元に両者をつなぐように

位置する街がコスピークワ(顕著な街の意味で旧名ボルミア)です。



(左)カラフルな出窓がかわいいです
コスピークワ コスピークワ





ウオータフロントには歴史の有りそうな建屋(倉庫?)
コスピークワ コスピークワ





コスピークワの入り口付近
聖母マリア懐胎教会

写真の上でクリックすれば大きい写真になります。
コスピークワ





聖母マリア懐胎教会
コスピークワ





コスピークワ入り口付近
コスピークワ コスピークワ





コスピークワからヴィットリオーザが一望できます
ヴィットリオーザ ヴィットリオーザ








 
マルタ島での宿泊ホテル(3連泊) アーバン・バレー・リゾート

比較的新しいホテルでした。部屋は十分に広かったですが

ただ洗面所などは、無駄に広いだけで使用しにくかったです。


住宅地区にあるため、ホテルの近くには、お店など何にも無く不便でした。

アーバンバレー・リゾート・ホテル アーバンバレー・リゾート・ホテル


アーバンバレー・リゾート・ホテル アーバンバレー・リゾート・ホテル


アーバンバレー・リゾート・ホテル アーバンバレー・リゾート・ホテル


アーバンバレー・リゾート・ホテル アーバンバレー・リゾート・ホテル




夕食、朝食共にビュッフェ、品数はまあ、まあ 健康第一いつも腹八分目

アーバンバレー・リゾート・ホテル





キプロス島&マルタ島周遊9日間ムービー(5日目・午後)






次へ   ホームヘ