モロッコ

ラバト 2-モロッコの首都・ラバト Rabat

ラバト


ラバト 
モロッコの首都ラバト(ラバトとは駐屯地の意味)

ラバトはアラビアンと近代ヨーロッパが共存する首都でした。

ラバト中心部は城壁に囲まれ、旧市街と新市街の両方とも

世界遺産に登録された希少な都市です。

ラバトのメディナ(旧市街)は12世紀、ムワッヒド・イスラム王朝

よって築かれたアラブ系の街で城壁(塁壁)で守られております。

一方旧市街に隣り合う南側に広がる新市街は、

フランス統治下にあった20世紀前半フランス人によって作られた街。

ラバトは、紀元40年にローマ帝国に組み込まれ、

今でもシェラというローマ時代の遺跡が残っておりました。


ラバト





ラバトのメディナ(旧市街)、ハッサンの塔、ムハンマド5世廟の位置関係
モロッコの首都ラバト






ハッサンの塔、ムハンマド5世廟構内左右の入口を固める騎馬衛兵
ハッサンの塔 ハッサンの塔
 





 
ハッサンの塔

未完成のミナレットで現在の高さは44m、完成すれば88mmの計画だった
 
ハッサンの塔





塔の南側に位置する360本の大理石の柱はモスクの跡。

1755年のリスボン大地震でモスクが倒壊、柱だけ残った
ハッサンの塔 ハッサンの塔






同じ敷地内に建つムハンマド5世廟

1973年完成(まだ新しい)元国王ムハンマド5世の霊廟
ムハンマド5世廟






霊廟の東西南北、四カ所の入口は

純白の衣装に真紅のマントを羽織った

番兵が、紀紀律正しく固めていました。

ただ私たち観光客には大変にフレンドリーに接してくれました。

世界一やさしい番兵さんに思えました。
ムハンマド5世廟 ムハンマド5世廟



ムハンマド5世廟 ムハンマド5世廟





廟内の中央にはムハンマド5世の石棺が安置されております
ムハンマド5世廟



四面の壁面、天井ともに豪華な装飾が施されております
ムハンマド5世廟 ムハンマド5世廟



ムハンマド5世廟 ムハンマド5世廟





旗めく国旗の向こう側はラバト郊外
ムハンマド5世廟





魅惑のモロッコ周遊10日間・二日目のムービー

首都ラバト




シャウエンヘ  戻る