モロッコ

モロッコ 8-メクネス Meknes


メクネス


メクネス モロッコの古都メクネス

古都メクネスは日本でいえば京都や奈良のような

歴史のある古都のようです。温暖な気候と水もきれいなため

ワイン(メクネスワイン)やオリーブが特産品とのことでした。

世界遺産に登録されている部分はメディナ(旧市街)です。

メクネスという名前はアフリカ先住民・ベルベル人の

メクネッタ族に由来するとのことでした。

メクネスの一番の見所は有名なマンスール門です。そして

メディナ(旧市街)のあちこちに見事なタイルのモザイクが

見られ、これぞアラビアンの気分でした。

メクネス
メクネス





古都メクネスのランドマーク:エル・マンスール門

ムーレイ・イスマイル王によって建てられた門で

アフリカで最も美しい門といわれております。
メクネス





右は写真を拡大したもの、タイルの美しさが分かります
メクネス メクネス





ムーレイ・イスマイル王の霊廟・正門

メクネスの最盛期は17世紀アラウィー朝のスルタン、ムーレイ・イスマイルの時代。

王はフランスのベルサイユ宮殿に対抗心をいだき、

壮大な王都の建設を夢見たようです。

しかしその後、首都がフェズやマラケシュに遷都されると

メクネスは次第に衰退しました。現在は”眠るメクネス”といわれてるそうです。
メクネス





三重の城壁に囲まれたメクネス、城壁が延々と続きます。
メクネス メクネス





城壁と巨大な城門、圧倒されます。凄いです。
メクネス メクネス
 
 
 
 

イフレンヘ    戻る   モロッコ・トップヘ